朝型と夜型家事をする際あなたはどちらが向いていると思いますか

>

夜型の生活をすることで体を壊しては元も子もない

朝型と夜型の人は遺伝子で決まる

早起きは三文の徳という「朝型の人」と、日が沈んでからの方が活動的になるという「夜型の人」の差は遺伝子により、決まるため自分で努力したとしても変える事が出来ないという研究結果をイギリスの研究チームが発表したのです。
約3分の1のイギリス人が、夜の方がテキパキと仕事をこなすことができ、自分は「夜型」であると自覚しているのです。
なぜ朝型と夜型の人に分かれてしまうのか、その謎が判明される鍵として研究結果によると、朝型と夜型の人の違いは、何をしているのかではなくて遺伝子により決められるのだそうです。
研究結果により、人の体内時計を抑制する遺伝子の数が24個ある事が分かり、体内時計とは体内で起きる覚醒と睡眠のリズムの事なのです。
体内時計を制御する遺伝子時計を発見しノーベル生理学・医学賞を受賞した、某学者は、あるタンパク質が夜に作られる事で「眠る時間だ」と教えてくれ、昼になるとその活動が低下していくのです。

体内時計遺伝子の数で朝型と夜型が決まる

自分が持っている体内時計遺伝子の数により、朝型の程度決まるのです。
研究により分かった事は、351個ある体内時計遺伝子の中で最多数持っている上位5パーセントの人は、最小の下位5パーセントの人と比較して、平均では25分眠りにつくのが早いという事が分かったのです。
夜に効率が上がるという人も、早く寝たいという人も全ては351個の遺伝子により決められているので、自分ではどうしようもないという事なのです。
概日リズムに関りあることを突き止めた遺伝子は、網膜と脳で活性化している傾向があるとみられたのです。
この傾向のお陰により、朝型と夜型の人を生み出すのに、体のどこの部分重要なのかが分かったのです。
このような遺伝子が、脳内で活性化しているという事については、驚くような事ではないのです。
なぜなら、脳は体のマスタークロックなのは、誰もが知っている事実なのです。


この記事をシェアする