朝型と夜型家事をする際あなたはどちらが向いていると思いますか

>

自分にあった生活を計画的に

朝早く起きる気持ち良さを感じる

1日で夜型から朝型に変えるのは難しいため、朝起きる時間と夜寝る時間を少しずつ早めにしていくと良いでしょう。
急に早起きせずに、ゆっくりと時間をかけて慣らしていくいくことが必要なのです。
夜型の人が、6時に無理に起きようとすると長続きせずに、途中で挫折してしまうという結果になりかねないのです。
無理に早起きしてしまうと昼に眠たくなってしまい、気が付くと3時間も昼寝をしてしまい、結果夜眠れなくなり夜型に戻ってしまうという事があるので、無理は禁物という事なのです。
早く起きようとすることにより挫折してしまうので、最初のうちは午前中に起きれたら良しとしちゃいましょう。
午前中に起きることを目標として、自分の中に意思を根付かせるという事が重要なのです。
夜型の生活を続けていた人にとっては、少し早起き出来ただけでも誇らしいものなのです。
段々起きる時間を早めることで、朝早く起きることが気持ち良くなっていくのです。

太陽の光を浴びることで体内時計がリセット

人の体には、概日リズムが存在していて、約24時間周期で活動しています。
概日リズムはちょうど24時間ではなく、人により数分から数十分の差があり、大体25時間なのです。
1日は24時間ですが、体内時計については24時間より長いので、リセットしないとズレが生じてしまうのです。
生活のリズムが乱れる事のより、数分から数十分の差がどんどんズレていき、リセットされないままでいると、起きるのが遅くなり夜型になってしまうのです。
狂った体内時計を元の戻すには、朝起きたらすぐにカーテンを開け太陽の光を浴びると良いのです。
太陽の光には、体内時計を元に戻す働きがあるのです。
朝太陽の光を浴びる事により、24時間から改めて1日が始まり、夜型の要因となる体内時計の数分から数十分の差を取り消してくれるのです。
太陽の光を浴びる事で、「セトロニン」という平常心を保つ事が出来る神経伝達物質が分泌される事で、夜型が解消されるのです。


この記事をシェアする